世界トップクラスの治療成績を誇る獣医師の「気管虚脱の診断と治療」が今回、ご自宅で学べますが…

※気管虚脱の診断・治療に自信がありますか?

気管虚脱は、トイプードルやチワワ、柴犬、ポメラニアンなど、人気のある犬種に多くみられる病気です。先生も日常診療でたびたび気管虚脱の症例に遭遇していると思います。

では先生は、気管虚脱の診断・治療に自信がありますか? もし先生が、「気管虚脱は、治らない病気だ」「とりあえず、気管支拡張薬やステロイドを投与して様子をみている」など、こう思われたのなら? 気管虚脱に対する先生の認識を再考してください。

なぜなら、治療技術の進歩により、気管虚脱は治療できない病気ではなくなったからです。正しく診断して、適切に処置すれば、治療できる病気です。

※どうやって、治療するのか?

気管虚脱の症状が軽い場合や重症度が低い症例では、内科的治療が推奨されています。

内科的治療は、鎮咳薬、去痰剤、気管支拡張剤、ステロイドなどを使い、咳や異常呼吸音などの症状を軽減させるのが目的です。

しかし、咳のある症例に「とりあえず鎮咳薬」を使うのはNGです。なぜなら、むやみに鎮咳薬やステロイドを投与すると、気道内に炎症物質や感染病原体が停滞してしまい、より状況を悪化させる恐れがあるからです。

また、内科的治療に反応しない症例や、呼吸困難をともなう重度の気管虚脱の症例には、診断を確定させ、重症度を把握した上で内科以外の治療が必要になります。

気管内ステント設置術の最大のメリットは、非侵襲的で、知識と技術があれば短時間でステントを設置できること。しかし、必ず合併症への対処法を知っておかなくてはなりません。

※世界トップクラスの治療成績を誇る獣医師の技術

この教材の講師である末松先生は、日本を代表する動物呼吸器外科のスペシャリストです。

末松先生は、アメリカの権威あるジャーナルVeterinary Surgeryにアジアから唯一気管虚脱の論文を掲載されている獣医師であり、外科治療の成績は世界トップクラスです。

今回は、末松先生から診断アプローチ、治療に関しては内科と外科、両方を学べます。

また、末松先生の「思うように治療が奏功しなかった」「必ずしもベストな治療選択肢とは言えなかった」という症例もご紹介しています。

それは…「これから気管虚脱の診療を学ぶ先生に、同じ失敗をしてほしくない」という末松先生の思いからです。あらかじめ治療が奏功しなかった症例を知っておくことで、先生は、同じような失敗を事前に回避できるはずです。先生の今後の診療に、ぜひお役立てください。

先生も、最新の気管虚脱治療を学び、もっとたくさんの動物の生命を救いませんか?

世界トップクラスの治療成績を誇る末松先生から 「気管虚脱治療の診断・治療」学びませんか?

  •  気管虚脱になりやすい犬種とは?
  •  気管虚脱の診断の第一歩とは?
  •  呼吸器症状を起こす部位とは?
  •  気管、気管支には、どんな疾患があるのか?
  •  2種類の気管虚脱とその特徴
  •  知っておきたい気管虚脱の基礎知識
  •  気管虚脱が起こりやすい部位とは?
  •  気管虚脱の診断における6つのポイント
  •  目と耳で学ぶ、異常呼吸音の種類とは?
  •  気管、気管支疾患におけるX線検査のポイント
  •  軽度および重度の気管虚脱のX線所見
  •  気管低形成が疑われるX線所見
  •  内視鏡検査で何がわかるのか?
  •  内視鏡検査でチェックすべきポイントとは?
  •  デクスメデトミジンの使用における注意点
  •  プロポフォールの使用における注意点
  •  喉頭と周囲組織の解剖
  •  Tangner&Hobsonの4段階分類
  •  知っておきたい咳嗽の基礎知識
  •  心拡大の症例と咳嗽の関係とは?
  •  なぜ、心臓が悪くなると咳が出るのか?
  •  気管気管支疾患の症例紹介
  •  どうやって、鎮咳薬を選べば良いのか?
  •  気管虚脱のGrade分類と治療選択
  •  重度の気管虚脱症例に対する治療選択
  •  気管内ステント設置のポイントと注意点
  •  ステント設置の合併症とは?
  •  気管リング設置術のポイントと注意点
  •  CETP設置術のポイントと注意点
  •  治療前後の症状の比較
  •  気管虚脱術後、8年経過した症例の病理検査
  •  W shape type(WTC)気管虚脱の症例と臨床症状

世界トップクラスの治療成績を誇る獣医師の「気管虚脱の診断と治療」が今回、ご自宅で学べますが…

※気管虚脱の診断・治療に自信がありますか?

気管虚脱は、トイプードルやチワワ、柴犬、ポメラニアンなど、人気のある犬種に多くみられる病気です。先生も日常診療でたびたび気管虚脱の症例に遭遇していると思います。

では先生は、気管虚脱の診断・治療に自信がありますか? もし先生が、「気管虚脱は、治らない病気だ」「とりあえず、気管支拡張薬やステロイドを投与して様子をみている」など、こう思われたのなら? 気管虚脱に対する先生の認識を再考してください。

なぜなら、治療技術の進歩により、気管虚脱は治療できない病気ではなくなったからです。正しく診断して、適切に処置すれば、治療できる病気です。

※どうやって、治療するのか?

気管虚脱の症状が軽い場合や重症度が低い症例では、内科的治療が推奨されています。

内科的治療は、鎮咳薬、去痰剤、気管支拡張剤、ステロイドなどを使い、咳や異常呼吸音などの症状を軽減させるのが目的です。

しかし、咳のある症例に「とりあえず鎮咳薬」を使うのはNGです。なぜなら、むやみに鎮咳薬やステロイドを投与すると、気道内に炎症物質や感染病原体が停滞してしまい、より状況を悪化させる恐れがあるからです。

また、内科的治療に反応しない症例や、呼吸困難をともなう重度の気管虚脱の症例には、診断を確定させ、重症度を把握した上で内科以外の治療が必要になります。

気管内ステント設置術の最大のメリットは、非侵襲的で、知識と技術があれば短時間でステントを設置できること。しかし、必ず合併症への対処法を知っておかなくてはなりません。

※世界トップクラスの治療成績を誇る獣医師の技術

この教材の講師である末松先生は、日本を代表する動物呼吸器外科のスペシャリストです。

末松先生は、アメリカの権威あるジャーナルVeterinary Surgeryにアジアから唯一気管虚脱の論文を掲載されている獣医師であり、外科治療の成績は世界トップクラスです。

今回は、末松先生から診断アプローチ、治療に関しては内科と外科、両方を学べます。

また、末松先生の「思うように治療が奏功しなかった」「必ずしもベストな治療選択肢とは言えなかった」という症例もご紹介しています。

それは…「これから気管虚脱の診療を学ぶ先生に、同じ失敗をしてほしくない」という末松先生の思いからです。あらかじめ治療が奏功しなかった症例を知っておくことで、先生は、同じような失敗を事前に回避できるはずです。先生の今後の診療に、ぜひお役立てください。

先生も、最新の気管虚脱治療を学び、もっとたくさんの動物の生命を救いませんか?

世界トップクラスの治療成績を誇る末松先生から 「気管虚脱治療の診断・治療」学びませんか?

  •  気管虚脱になりやすい犬種とは?
  •  気管虚脱の診断の第一歩とは?
  •  呼吸器症状を起こす部位とは?
  •  気管、気管支には、どんな疾患があるのか?
  •  2種類の気管虚脱とその特徴
  •  知っておきたい気管虚脱の基礎知識
  •  気管虚脱が起こりやすい部位とは?
  •  気管虚脱の診断における6つのポイント
  •  目と耳で学ぶ、異常呼吸音の種類とは?
  •  気管、気管支疾患におけるX線検査のポイント
  •  軽度および重度の気管虚脱のX線所見
  •  気管低形成が疑われるX線所見
  •  内視鏡検査で何がわかるのか?
  •  内視鏡検査でチェックすべきポイントとは?
  •  デクスメデトミジンの使用における注意点
  •  プロポフォールの使用における注意点
  •  喉頭と周囲組織の解剖
  •  Tangner&Hobsonの4段階分類
  •  知っておきたい咳嗽の基礎知識
  •  心拡大の症例と咳嗽の関係とは?
  •  なぜ、心臓が悪くなると咳が出るのか?
  •  気管気管支疾患の症例紹介
  •  どうやって、鎮咳薬を選べば良いのか?
  •  気管虚脱のGrade分類と治療選択
  •  重度の気管虚脱症例に対する治療選択
  •  気管内ステント設置のポイントと注意点
  •  ステント設置の合併症とは?
  •  気管リング設置術のポイントと注意点
  •  CETP設置術のポイントと注意点
  •  治療前後の症状の比較
  •  気管虚脱術後、8年経過した症例の病理検査
  •  W shape type(WTC)気管虚脱の症例と臨床症状

講師:末松 正弘
2004年に日本獣医生命科学大学卒業後、山形県内の動物病院に勤務。2007年より地元の大分県日田市に戻り、実家の「AMC末松どうぶつ病院」の院長を務める。日本を代表する動物呼吸器外科のスペシャリストであり、気管虚脱においては世界トップクラスの治療成績を誇る。現在は、全国の獣医師と呼吸器疾患の研究グループSARSを立ち上げ、積極的に情報発信をおこなっている。

収録内訳
3セクション(合計150分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:気管虚脱概論・診断プロセス(56分)
気管虚脱の概論/診断プロセス、症状/画像診断(X線検査)/画像診断(透視検査)
Sec2:気管虚脱の内視鏡検査とGrade分類(治療適応)と胸部気管および気管支虚脱の内科的治療(鎮咳薬、去痰剤、酸素療法)(59分)
内視鏡検査/Grade分類/様々な気管の外貌と解剖学的所見/慢性気管支炎/鎮咳薬
Sec3:気管虚脱の治療(ステント治療、外科治療)(35分)
気管内ステント設置術/気管リング設置術/Continuous extraluminal tracheal prosthesis(CETP)設置術
販売価格:45,980円+税