なぜ、何をしても減らなかった新人スタッフの早期離職がピタッと止まったのか?

※なぜ、スタッフが早期離職するのか?

スタッフの早期離職は、多くの開業獣医師を悩ませる深刻な問題です。ようやく基本的な仕事を覚え安心していた、ある日。思い詰めた顔つきのスタッフが突然、「先生、少しお話があります…」と、退職の意向を伝えてくることは珍しくありません。実際、動物病院業界は、他の業界よりも離職率が高いと言われています。もちろん、先生も何の対策もしていないわけではないでしょう。働きやすい職場を作るため、ビジネス書やセミナーでマネジメント術を学んだり、コーチングの勉強をしてきたはずです。でも、なぜ思うような成果が上がらないのでしょうか?

※まずは価値観の違いを認めること

近年、ダイバーシティ(多様性)という言葉をよく耳にします。ダイバーシティと聞くと、性別や人種、国籍、宗教など大きな違いをイメージするかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。スタッフとの違いを認めることも、立派なダイバーシティです。スタッフの早期離職を防ぐために先生が最初にやるべきことは、「スタッフとの価値観の違いを知り、相互理解を深める」こと。つまり、院長がスタッフ一人ひとりの違いを尊重し、全員が心地よく安心して働ける病院作りが、スタッフの早期離職を防ぐ一番の対策になるのです。

※「見せるだけ」で院内コミュニケーションを改善

価値観の違いを知ると言っても、直接スタッフに聞くのは難しいですよね。「君はどう考えてるの?」と聞いたとしても、先生のことを怖いと思っているスタッフは、心の内を正直には話してくれないでしょう。そこで今回、院長先生、勤続年数の長い先輩スタッフ、新人の後輩スタッフのそれぞれが互いの価値観の違いを知り、相互理解を深められる教材をご用意しました。

この映像教材なら先生が直接教える必要はありません。「見せるだけ」で院内コミュニケーションを改善できます。

  • マネジメントの前に知っておくべきポイントとは?
  • 今どきのスタッフの傾向とは?
  • なぜ、先生の言葉が伝わらないのか?
  • ダイバーシティがある時代の病院経営のポイント
  • 保定がうまくならないスタッフの実話
  • 映像で見る「こんな院長は嫌だ!」
  • なぜ、新しい取り組みが歓迎されないのか?
  • 今どきの新人のスタッフに多い悩みとは?
  • スタッフが求めるリーダー像とは?
  • 早期離職の一番の原因とは?
  • スタッフとの人間関係を良くするには?
  • 朝礼風景から見る、スタッフの本音とは?
  • 伝達の行き違いが起こる原因と対処法
  • 今どきのスタッフが考える理想の職場とは?
  • 「マズローの5段階欲求」で学ぶ、価値観の重要性
  • なぜ、スタッフの安心感を満たすことが重要なのか?
  • 今日からできる、安心感を育てる習慣とは?
  • 会話の主語をスタッフにしてはいけない理由
  • 世代間ギャップを正しく知っていますか?
  • 「事実」と「捉え方」の違いとは?
  • リーダーに必要なセルフメンタルケア
  • 先輩スタッフのための院内コミュニケーション
  • なぜ、「声を掛けにくい」と思われるのか?
  • 後輩スタッフのための院内コミュニケーション
  • 報連相のミスを減らす簡単な方法

なぜ、何をしても減らなかった新人スタッフの早期離職がピタッと止まったのか?

※なぜ、スタッフが早期離職するのか?

スタッフの早期離職は、多くの開業獣医師を悩ませる深刻な問題です。ようやく基本的な仕事を覚え安心していた、ある日。思い詰めた顔つきのスタッフが突然、「先生、少しお話があります…」と、退職の意向を伝えてくることは珍しくありません。実際、動物病院業界は、他の業界よりも離職率が高いと言われています。もちろん、先生も何の対策もしていないわけではないでしょう。働きやすい職場を作るため、ビジネス書やセミナーでマネジメント術を学んだり、コーチングの勉強をしてきたはずです。でも、なぜ思うような成果が上がらないのでしょうか?

※まずは価値観の違いを認めること

近年、ダイバーシティ(多様性)という言葉をよく耳にします。ダイバーシティと聞くと、性別や人種、国籍、宗教など大きな違いをイメージするかもしれませんが、必ずしもそれだけではありません。スタッフとの違いを認めることも、立派なダイバーシティです。スタッフの早期離職を防ぐために先生が最初にやるべきことは、「スタッフとの価値観の違いを知り、相互理解を深める」こと。つまり、院長がスタッフ一人ひとりの違いを尊重し、全員が心地よく安心して働ける病院作りが、スタッフの早期離職を防ぐ一番の対策になるのです。

※「見せるだけ」で院内コミュニケーションを改善

価値観の違いを知ると言っても、直接スタッフに聞くのは難しいですよね。「君はどう考えてるの?」と聞いたとしても、先生のことを怖いと思っているスタッフは、心の内を正直には話してくれないでしょう。そこで今回、院長先生、勤続年数の長い先輩スタッフ、新人の後輩スタッフのそれぞれが互いの価値観の違いを知り、相互理解を深められる教材をご用意しました。

この映像教材なら先生が直接教える必要はありません。「見せるだけ」で院内コミュニケーションを改善できます。

  • マネジメントの前に知っておくべきポイントとは?
  • 今どきのスタッフの傾向とは?
  • なぜ、先生の言葉が伝わらないのか?
  • ダイバーシティがある時代の病院経営のポイント
  • 保定がうまくならないスタッフの実話
  • 映像で見る「こんな院長は嫌だ!」
  • なぜ、新しい取り組みが歓迎されないのか?
  • 今どきの新人のスタッフに多い悩みとは?
  • スタッフが求めるリーダー像とは?
  • 早期離職の一番の原因とは?
  • スタッフとの人間関係を良くするには?
  • 朝礼風景から見る、スタッフの本音とは?
  • 伝達の行き違いが起こる原因と対処法
  • 今どきのスタッフが考える理想の職場とは?
  • 「マズローの5段階欲求」で学ぶ、価値観の重要性
  • なぜ、スタッフの安心感を満たすことが重要なのか?
  • 今日からできる、安心感を育てる習慣とは?
  • 会話の主語をスタッフにしてはいけない理由
  • 世代間ギャップを正しく知っていますか?
  • 「事実」と「捉え方」の違いとは?
  • リーダーに必要なセルフメンタルケア
  • 先輩スタッフのための院内コミュニケーション
  • なぜ、「声を掛けにくい」と思われるのか?
  • 後輩スタッフのための院内コミュニケーション
  • 報連相のミスを減らす簡単な方法

講師:牧田 明美
カナダ留学中にドッグトレーニングを学びインストラクターとなる。帰国後、飼い主様向けのプライベートレッスンやグループレッスンを行い、ペット関連業者向けセミナー開催する。セミナーの満足度平均97%。その日から活用ができる現場実践型プログラムを提供し好評を得ている。

収録内訳
8セクション(合計166分収録)
特典
レジュメデータ ・ 特典データ

Sec1:はじめに(20分)
自己紹介/スタッフの実態
Sec2:院長先生の院内コミュニケーション(53分)
院長のお悩みとその背景/月曜によく見る朝礼/スタッフとのギャップを埋めるスキル/リーダーに必要なセルフメンタルケア/まとめ
Sec3:先輩スタッフの院内コミュニケーション(47分)
先輩スタッフのお悩みとその背景/ 理想の職場/ 様々な人とのギャップを埋めるスキル/ 先輩スタッフに必要なセルフメンタルケア/ まとめ
Sec4:後輩スタッフの院内コミュニケーション(46分)
後輩スタッフのお悩みとその背景/ 理想の職場/ 様々な人とのギャップを埋めるスキル/ 後輩スタッフに必要なセルフメンタルケア/ まとめ
販売価格:44,980円+税