肥満患者や短頭種にも安全な麻酔管理ができる「麻酔モニタリングの方法」をご自宅で学べますが…

より安全な麻酔管理のために…

先生もご存じのとおり、より安全な麻酔管理には患者の状態を把握することが何よりも重要です。しかし、従来の小動物における獣医学では「何をどう観察すればいいのか?」という具体的な指標が存在しませんでした。

現在では、日本獣医麻酔外科学会が作成した「犬および猫の臨床例に安全な全身麻酔をおこなうためのモニタリング指針」により五感や循環、酸素化など、麻酔専門医だけでなくホームドクターも利用できる管理の方向性が示されています。麻酔管理中の死亡事故を未然に防ぐため、先生も参考にされているのではないでしょうか。

しかし、「安全な麻酔薬も麻酔法も存在しない、存在するのは安全な麻酔科医だけ」と言われていることからもわかるとおり、より安全な麻酔管理をおこなうには、先生ご自身が麻酔管理中のあらゆるトラブルに対応できる知識を身につけることがもっとも重要になるのですが…

こんな場合に冷静に対処できますか…?

もし麻酔管理中、カプノグラムの値や波形の異常が見られたとき、先生は冷静に対処できますか? 突然のトラブルに驚くかもしれません。でも、数値や波形の異常を示す原因やその対処法を詳しく知っていればすぐに対処し、トラブルを回避できるのではないでしょうか?

そこで今回は、麻酔モニタリング時に起こりうるトラブルとその解決法をわかりやすくまとめた、「麻酔モニタリングのトラブルシューティング」を学べる教材をご用意しました。

セミナー形式の映像教材では、
「なぜ、肥満症例はすぐにチアノーゼになるのか?」
「どうすれば短頭種に安全に麻酔ができるのか?」
「局所麻酔薬を誤って静脈内投与してしまった場合の対処法」
「術後に低酸素血症が発生した場合の対処法」
などをはじめ、

麻酔に関するトラブルを1.麻酔前評価 2.麻酔計画 3.麻酔導入 4.麻酔維持 5.麻酔回復の5段階に分け、それぞれの段階で起こりうるトラブルとその対処法を伊丹先生のわかりやすい解説で学べます。 ぜひ先生も今回の映像教材でより安全な麻酔管理の方法を学び、多くの動物を救ってください。

収録内容の一部をご紹介すると…

  • 麻酔の死亡事故のもっとも多い原因とは…?
  • 前日の夜から絶食絶水している動物への麻酔
  • 術前の体液補正を正しくおこなう方法
  • 僧帽弁閉鎖不全症の患者の術前内服薬は…?
  • なぜ、術前の血圧測定が重要なのか…?
  • 術前の患者の評価におけるポイントと注意点
  • 僧帽弁閉鎖不全症の麻酔管理のポイント
  • 手術の種類と予想される術後疼痛の程度
  • より安全性を高める、推奨される4つの鎮痛テクニック
  • もっとも多い麻酔薬の選択ミスとは…?
  • なぜ、肥満症例はすぐにチアノーゼになるのか…?
  • 麻酔導入時に酸素化をおこなう方法
  • 投薬過誤を未然に防ぐ5つのアイデア
  • 局所麻酔薬を誤って静脈内投与してしまったら…?
  • オシロメトリック法で血圧測定できない場合の対処法
  • もし、麻酔管理中にカプノメータが低下したら…?

肥満患者や短頭種にも安全な麻酔管理ができる「麻酔モニタリングの方法」をご自宅で学べますが…

より安全な麻酔管理のために…

先生もご存じのとおり、より安全な麻酔管理には患者の状態を把握することが何よりも重要です。しかし、従来の小動物における獣医学では「何をどう観察すればいいのか?」という具体的な指標が存在しませんでした。

現在では、日本獣医麻酔外科学会が作成した「犬および猫の臨床例に安全な全身麻酔をおこなうためのモニタリング指針」により五感や循環、酸素化など、麻酔専門医だけでなくホームドクターも利用できる管理の方向性が示されています。麻酔管理中の死亡事故を未然に防ぐため、先生も参考にされているのではないでしょうか。

しかし、「安全な麻酔薬も麻酔法も存在しない、存在するのは安全な麻酔科医だけ」と言われていることからもわかるとおり、より安全な麻酔管理をおこなうには、先生ご自身が麻酔管理中のあらゆるトラブルに対応できる知識を身につけることがもっとも重要になるのですが…

こんな場合に冷静に対処できますか…?

もし麻酔管理中、カプノグラムの値や波形の異常が見られたとき、先生は冷静に対処できますか? 突然のトラブルに驚くかもしれません。でも、数値や波形の異常を示す原因やその対処法を詳しく知っていればすぐに対処し、トラブルを回避できるのではないでしょうか?

そこで今回は、麻酔モニタリング時に起こりうるトラブルとその解決法をわかりやすくまとめた、「麻酔モニタリングのトラブルシューティング」を学べる教材をご用意しました。

セミナー形式の映像教材では、
「なぜ、肥満症例はすぐにチアノーゼになるのか?」
「どうすれば短頭種に安全に麻酔ができるのか?」
「局所麻酔薬を誤って静脈内投与してしまった場合の対処法」
「術後に低酸素血症が発生した場合の対処法」
などをはじめ、

麻酔に関するトラブルを1.麻酔前評価 2.麻酔計画 3.麻酔導入 4.麻酔維持 5.麻酔回復の5段階に分け、それぞれの段階で起こりうるトラブルとその対処法を伊丹先生のわかりやすい解説で学べます。 ぜひ先生も今回の映像教材でより安全な麻酔管理の方法を学び、多くの動物を救ってください。

収録内容の一部をご紹介すると…

  • 麻酔の死亡事故のもっとも多い原因とは…?
  • 前日の夜から絶食絶水している動物への麻酔
  • 術前の体液補正を正しくおこなう方法
  • 僧帽弁閉鎖不全症の患者の術前内服薬は…?
  • なぜ、術前の血圧測定が重要なのか…?
  • 術前の患者の評価におけるポイントと注意点
  • 僧帽弁閉鎖不全症の麻酔管理のポイント
  • 手術の種類と予想される術後疼痛の程度
  • より安全性を高める、推奨される4つの鎮痛テクニック
  • もっとも多い麻酔薬の選択ミスとは…?
  • なぜ、肥満症例はすぐにチアノーゼになるのか…?
  • 麻酔導入時に酸素化をおこなう方法
  • 投薬過誤を未然に防ぐ5つのアイデア
  • 局所麻酔薬を誤って静脈内投与してしまったら…?
  • オシロメトリック法で血圧測定できない場合の対処法
  • もし、麻酔管理中にカプノメータが低下したら…?

講師:伊丹貴晴
酪農学園大学附属動物医療センターにて、犬と猫の麻酔・疼痛管理と集中治療管理を担当。2013年には、獣医麻酔外科学会最優秀論文賞を受賞。安全な麻酔管理を世に広めるために尽力している。

収録内訳
6セクション(合計208分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:麻酔前評価・麻酔計画(62分)
はじめに/手術の前夜から絶食絶水して来院、麻酔中に起きうるトラブルは?/僧帽弁閉鎖不全症の術前内服薬、当日はどのように指示すれば良いのか?/術前の血圧測定はなぜ重要なのか?/術前の患者の評価は?麻酔プロトコールは?/まとめ
Sec2:麻酔導入・麻酔維持(前編)(76分)
麻酔導入時の注意点は?/肥満症例がすぐチアノーゼになるのはなぜか?/麻酔導入中は、可視粘膜を見ていれば問題ないか?/Trouble!? 局所麻酔薬を誤って静脈内投与してしまった!?/Trouble 血圧が測定できない!?/吸入麻酔薬はどこまで下げられるか?/術中に適切な輸血量は?/Trouble 術中出血時の対応/まとめ
Sec3:麻酔維持(後編)・麻酔回復(70分)
Trouble カプノメータが低下した!?/Trouble カプノメータが上昇した!?/Trouble SpO2が低下した/Trouble 術後低酸素血症の発生/まとめ
販売価格:39,980円+税