呼吸器疾患専門の獣医師「城下幸仁」が教える「短頭種気道症候群」の治療で、麻酔による死亡事故を防ぐ方法

短頭種の呼吸器疾患で悩んでいませんか?

先生もご存じのとおり、学校で学んだことだけでは短頭種の呼吸器疾患に対応できません。ですが、獣医業界では呼吸器疾患について学べる機会が多くありません。

「麻酔による死亡事故など、重大なリスクが潜むのに…」「呼吸器疾患に関する情報が少ない…」今回、このような現状を解決するために、呼吸器疾患の臨床と研究で、国内トップレベルの実績を持つ城下先生を講師にお迎えし、「短頭種気道症候群における実践的な臨床手段」が学べる映像教材を制作いたしました。

麻酔による死亡事故はこうやって防ぐ!

映像教材では、城下先生から現場ですぐに使える「短頭種気道症候群における臨床手段」が学べます。2,000件以上の呼吸器疾患症例と人医の研究から得た城下先生の知識と技術は、学校や市販の書籍、教材、他社の講習などでは学べません。映像を通して、先生は今まで聞くに聞けなかったことや知らなかったことを吸収し、さらに自信を持って呼吸器疾患に取り組めます。

たとえば、映像で学べる「10のチェックリスト」を使えば、先生は手術すべきかどうかを事前に判断できます。また「気切チューブ法」を使えば、難症例でも麻酔後の死亡事故が激減します。他にも「近年注目されているBASの内科療法」「非短頭種における呼吸器疾患治療法」など「もっと早く知っておけば良かった!」と声をあげてしまう治療技術をギッシリと収録いたしました。収録された城下先生の治療技術の一部をご紹介すると…

呼吸器疾患の臨床と研究で、国内トップクラスの実績を持つ城下先生の「教科書では学べない臨床手段」を収録

短頭種気道症候群の病態と治療

  • あいまいな知識をスッキリ解消しましょう
  • 教科書では学べない実践的な臨床手段
  • 救急治療の対応

非短頭種のケースについて

  • よくある呼吸器疾患と適切な治療法

BASの内科療法について

  • 合併症が少ない薬品と投与方法
  • 内科療法の適応とは?

BASの外科療法について

  • 軟口蓋切除術について
  • 手術の可否を術前で明らかにするチェックリスト

麻酔後の死亡事故を回避する方法

  • 術後、咽頭虚脱による気道閉塞を防ぐには?
  • なぜ、気管切開チューブが効果的なのか?

代償期の外科リスク大の症例に対する外科療法

  • 一時的気管切開・外鼻孔狭窄整復術
  • 軟口蓋切除術・喉頭小嚢切除術
  • 気管切開チューブの設置

代償不全・咽頭虚脱の症例に対する外科療法

  • 代償不全の診断(4つのポイントに注意)
  • 症例解説で臨床手段を学ぶ

重度喉頭虚脱の症例に対する外科療法

  • 症例解説で臨床手段を学ぶ

呼吸器疾患専門の獣医師「城下幸仁」が教える「短頭種気道症候群」の治療で、麻酔による死亡事故を防ぐ方法

短頭種の呼吸器疾患で悩んでいませんか?

先生もご存じのとおり、学校で学んだことだけでは短頭種の呼吸器疾患に対応できません。ですが、獣医業界では呼吸器疾患について学べる機会が多くありません。

「麻酔による死亡事故など、重大なリスクが潜むのに…」「呼吸器疾患に関する情報が少ない…」今回、このような現状を解決するために、呼吸器疾患の臨床と研究で、国内トップレベルの実績を持つ城下先生を講師にお迎えし、「短頭種気道症候群における実践的な臨床手段」が学べる映像教材を制作いたしました。

麻酔による死亡事故はこうやって防ぐ!

映像教材では、城下先生から現場ですぐに使える「短頭種気道症候群における臨床手段」が学べます。2,000件以上の呼吸器疾患症例と人医の研究から得た城下先生の知識と技術は、学校や市販の書籍、教材、他社の講習などでは学べません。映像を通して、先生は今まで聞くに聞けなかったことや知らなかったことを吸収し、さらに自信を持って呼吸器疾患に取り組めます。

たとえば、映像で学べる「10のチェックリスト」を使えば、先生は手術すべきかどうかを事前に判断できます。また「気切チューブ法」を使えば、難症例でも麻酔後の死亡事故が激減します。他にも「近年注目されているBASの内科療法」「非短頭種における呼吸器疾患治療法」など「もっと早く知っておけば良かった!」と声をあげてしまう治療技術をギッシリと収録いたしました。収録された城下先生の治療技術の一部をご紹介すると…

呼吸器疾患の臨床と研究で、国内トップクラスの実績を持つ城下先生の「教科書では学べない臨床手段」を収録

短頭種気道症候群の病態と治療

  • あいまいな知識をスッキリ解消しましょう
  • 教科書では学べない実践的な臨床手段
  • 救急治療の対応

非短頭種のケースについて

  • よくある呼吸器疾患と適切な治療法

BASの内科療法について

  • 合併症が少ない薬品と投与方法
  • 内科療法の適応とは?

BASの外科療法について

  • 軟口蓋切除術について
  • 手術の可否を術前で明らかにするチェックリスト

麻酔後の死亡事故を回避する方法

  • 術後、咽頭虚脱による気道閉塞を防ぐには?
  • なぜ、気管切開チューブが効果的なのか?

代償期の外科リスク大の症例に対する外科療法

  • 一時的気管切開・外鼻孔狭窄整復術
  • 軟口蓋切除術・喉頭小嚢切除術
  • 気管切開チューブの設置

代償不全・咽頭虚脱の症例に対する外科療法

  • 代償不全の診断(4つのポイントに注意)
  • 症例解説で臨床手段を学ぶ

重度喉頭虚脱の症例に対する外科療法

  • 症例解説で臨床手段を学ぶ

講師:城下幸仁
全国から呼吸器疾患の動物が来院する呼吸器疾患専門の「相模が丘動物病院」院長。治療困難な呼吸器疾患を2000症例以上経験し、優れた結果をだし続ける。国内外の有名な学会における発表、講演も多く、メラ賞を受賞するなど、呼吸器の臨床・研究において国内トップレベルの実績を持つ。

収録内訳
6セクション(合計197分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:短頭種気道症候群の病態(66分)
短頭種の疑問/症状/症例/BASの病態生理/咽頭気道/睡眠時無呼吸
Sec2:短頭種気道症候群の治療(53分)
非短頭種の例/治療/外科療法/危険因子
Sec3:麻酔後の事故を回避する方法は?(78分)
遭遇した例/症例/代償期の外科リスク大の症例に対する外科療法/代償不全、咽頭虚脱の症例に対する外科療法/重度喉頭虚脱の症例に対する外科療法/救急治療
販売価格:39,980円+税