「麻酔管理は、他院と同じやり方にした方が良いのだろうか?」と、一度でも疑問に思ったことがある先生へ

先生も、同じだと思いますが…

多くの先生が勤務医時代の院長から、麻酔管理について学びます。そして、開業後はその病院で学んだ技術をベースに、麻酔管理へ取り組むことになります。この流れが悪いとは思いません。 ですが麻酔量や時間の概念など、麻酔管理のやり方は、病院によって異なる傾向があります。思いだしてみてください。先生も、お知り合いの獣医師の先生と麻酔管理について話し合ったとき、100%同じやり方、考え方の先生は少なかったのではないでしょうか?

「他院と同じやり方にした方が良いのかな?」と悩んだことはありませんか? 麻酔管理については、各病院独自の考え方や方法論が、独自に発展しているように思えます。つまり多くの先生が、麻酔管理について、代診先で独自に発展したアドバンス的な内容を学ぶものの、一番重要なベーシックな内容については学べずにいます。

いかなる医療技術も基本が肝心

基本がおろそかのまま応用を実践すると、自分のやることに100%の自信が持てなくなるのは当然。もし先生が、日常臨床の麻酔管理において、「本当に自分のやり方は100%正しいのだろうか?」と一度でも疑問を抱えたことがあるならば? 先生は、麻酔管理の基本をもう一度、徹底して学んだ方がよいかもしれません。とはいえ、麻酔管理の基本を学ぼうにも、参考にすべき書籍は多々あります。お忙しい先生にとって、膨大な書籍を読み漁る時間はないでしょう。ご安心ください。

今回の映像教材で学べば、あらゆるケースに即対応できる安全な麻酔管理の基本がオールインワンで学べます。その結果、先生は、麻酔管理で抱えた疑問をスッキリと解消でき、より自信を持って麻酔管理に臨めます。詳細は下記をご確認ください。

もう迷わない、悩まない!今さら聞けない「麻酔管理の基本」がオールインワンで学べる映像教材

  • 麻酔管理の前に…
  • 麻酔の危険度を、どうやって検出すべきか?
  • 近代的な麻酔の4要素
  • 手術・検査に適する麻酔深度維持とは?
  • 手術に求められる「バランス麻酔」の概念
  • 犬猫の安全な全身麻酔を行うためのモニター指針
  • 五感を使ったモニタリングについて
  • ・問題点
  • ・脈圧(注目点は?落とし穴とは?)
  • ・可視粘膜の色調(注目点は?落とし穴とは?)
  • ・毛細血管再充満時間(注目点は?落とし穴とは?)
  • モニター装置を使ったモニタリング
  • ・メリット
  • ・循環のモニタリング/心電図、心拍数、脈拍数
  • ・もし、不整脈を見つけたら?
  • ・循環のモニタリング/血圧
  • ・循環のモニタリング/尿量
  • ・循環管理における最重要事項
  • ・麻酔管理中に注目すべき値
  • ・重要臓器における血流の維持
  • ・組織へ、適切に血液が循環している正常値
  • ・血液循環を正常にするには?
  • ・輸液反応性
  • ・循環志向型麻酔管理とは?

「麻酔管理は、他院と同じやり方にした方が良いのだろうか?」と、一度でも疑問に思ったことがある先生へ

先生も、同じだと思いますが…

多くの先生が勤務医時代の院長から、麻酔管理について学びます。そして、開業後はその病院で学んだ技術をベースに、麻酔管理へ取り組むことになります。この流れが悪いとは思いません。 ですが麻酔量や時間の概念など、麻酔管理のやり方は、病院によって異なる傾向があります。思いだしてみてください。先生も、お知り合いの獣医師の先生と麻酔管理について話し合ったとき、100%同じやり方、考え方の先生は少なかったのではないでしょうか?

「他院と同じやり方にした方が良いのかな?」と悩んだことはありませんか? 麻酔管理については、各病院独自の考え方や方法論が、独自に発展しているように思えます。つまり多くの先生が、麻酔管理について、代診先で独自に発展したアドバンス的な内容を学ぶものの、一番重要なベーシックな内容については学べずにいます。

いかなる医療技術も基本が肝心

基本がおろそかのまま応用を実践すると、自分のやることに100%の自信が持てなくなるのは当然。もし先生が、日常臨床の麻酔管理において、「本当に自分のやり方は100%正しいのだろうか?」と一度でも疑問を抱えたことがあるならば? 先生は、麻酔管理の基本をもう一度、徹底して学んだ方がよいかもしれません。とはいえ、麻酔管理の基本を学ぼうにも、参考にすべき書籍は多々あります。お忙しい先生にとって、膨大な書籍を読み漁る時間はないでしょう。ご安心ください。

今回の映像教材で学べば、あらゆるケースに即対応できる安全な麻酔管理の基本がオールインワンで学べます。その結果、先生は、麻酔管理で抱えた疑問をスッキリと解消でき、より自信を持って麻酔管理に臨めます。詳細は下記をご確認ください。

もう迷わない、悩まない!今さら聞けない「麻酔管理の基本」がオールインワンで学べる映像教材

  • 麻酔管理の前に…
  • 麻酔の危険度を、どうやって検出すべきか?
  • 近代的な麻酔の4要素
  • 手術・検査に適する麻酔深度維持とは?
  • 手術に求められる「バランス麻酔」の概念
  • 犬猫の安全な全身麻酔を行うためのモニター指針
  • 五感を使ったモニタリングについて
  • ・問題点
  • ・脈圧(注目点は?落とし穴とは?)
  • ・可視粘膜の色調(注目点は?落とし穴とは?)
  • ・毛細血管再充満時間(注目点は?落とし穴とは?)
  • モニター装置を使ったモニタリング
  • ・メリット
  • ・循環のモニタリング/心電図、心拍数、脈拍数
  • ・もし、不整脈を見つけたら?
  • ・循環のモニタリング/血圧
  • ・循環のモニタリング/尿量
  • ・循環管理における最重要事項
  • ・麻酔管理中に注目すべき値
  • ・重要臓器における血流の維持
  • ・組織へ、適切に血液が循環している正常値
  • ・血液循環を正常にするには?
  • ・輸液反応性
  • ・循環志向型麻酔管理とは?

講師:佐野 忠士
酪農学園大学 獣医学群 獣医保健看護学類 動物集中管理研究室 / 酪農学園大学 附属動物医療センター麻酔科/集中治療科。麻酔管理のスペシャリスト。年間3,000症例以上の麻酔をおこなう。

収録内訳
6セクション(合計109分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:麻酔管理の基本(43分)
はじめに/麻酔管理の前に/実際の麻酔管理の前に/麻酔とは?/バランス麻酔
Sec2:麻酔モニターの方法(36分)
獣医療における麻酔中のモニター指針/五感を使ったモニタリング/モニター装置を使ったモニタリング
Sec3:循環管理における“最重要”事項(30分)
最近の流行り;その1~3/今の“流行り”は循環志向型麻酔管理!!/安全な麻酔に必要なものとは?
販売価格:39,980円+税