なぜ、心エコー図検査が苦手でも、臨床徴候と心疾患との関係が不明確でも…

猫の心臓病診断は難しい…

多くの獣医師が、このようにお悩みですが、先生はいかがでしょうか? 猫の心疾患は、わずかな臨床徴候しかださないケースが多く、胸部聴診では、心疾患の3割の猫が正常と言われます。 つまり、聴診だけでは正確な情報が得られません。だからこそ、先生もレントゲンやエコー、心電図など、あらゆる検査法を駆使し、なるべく正確な診断を下せるよう努めていると思いますが、それでも「手探り感」は否めないでしょう。 この問題を解決するうえで、近年新たな検査法が注目されています。それは…

「心臓バイオマーカー」です

「心臓バイオマーカー」は、獣医療において比較的に新しい検査法です。そのため、先生は「心臓バイオマーカー」の必要性を感じられないかもしれません。 ですが、「心臓バイオマーカー」を正しく取扱うと、先生は猫の心臓病検査で、下記のメリットが得られます。

メリット1 「採血だけで血行動態を評価できる」
メリット2 「心不全の程度を数字で表せる」
メリット3 「オーナーへの説明、理解が容易になる」

もちろん、「心臓バイオマーカー」だけでは、猫の心疾患のすべてを検査・診断できません。猫の心疾患は、複合的な検査がなければ、正確な診断がつきません。 このような点も踏まえ、今回、堀先生を講師におむかえし、猫の心臓病を診断するうえで有益な「心臓バイオマーカー」だけではなく、血圧測定、心エコー図検査における再現性の高い検査技術が学べる映像教材をリリースします。詳細は下記をご確認ください。

猫の心臓病診断を正確にする血圧測定、心エコー図検査、心臓バイオマーカーが学べます

血圧測定

  • 血圧の調整因子・調節機序
  • 高血圧症の診断法(オシロメトリック法)
  • 正しい血圧測定のための必要条件
  • カフの選択、カフの位置の確認
  • 白衣効果への対処
  • 臨床的な血圧測定法

心エコー図検査

  • 猫の正常所見
  • チェックポイント1「左心室壁の厚さ」
  • チェックポイント2「左心室内腔の構造」
  • チェックポイント3「左心室流出路」
  • チェックポイント4「左心房の大きさ」
  • 血栓症の予防

心臓バイオマーカー

  • 心臓バイオマーカーとは?
  • 検査メカニズム
  • 心臓バイオマーカーのメリット
  • 注意点
  • ナトリウム利尿ペプチド
  • 心筋トロポニン
  • スクリーニング検査のフローチャート

なぜ、心エコー図検査が苦手でも、臨床徴候と心疾患との関係が不明確でも…

猫の心臓病診断は難しい…

多くの獣医師が、このようにお悩みですが、先生はいかがでしょうか? 猫の心疾患は、わずかな臨床徴候しかださないケースが多く、胸部聴診では、心疾患の3割の猫が正常と言われます。 つまり、聴診だけでは正確な情報が得られません。だからこそ、先生もレントゲンやエコー、心電図など、あらゆる検査法を駆使し、なるべく正確な診断を下せるよう努めていると思いますが、それでも「手探り感」は否めないでしょう。 この問題を解決するうえで、近年新たな検査法が注目されています。それは…

「心臓バイオマーカー」です

「心臓バイオマーカー」は、獣医療において比較的に新しい検査法です。そのため、先生は「心臓バイオマーカー」の必要性を感じられないかもしれません。 ですが、「心臓バイオマーカー」を正しく取扱うと、先生は猫の心臓病検査で、下記のメリットが得られます。

メリット1 「採血だけで血行動態を評価できる」
メリット2 「心不全の程度を数字で表せる」
メリット3 「オーナーへの説明、理解が容易になる」

もちろん、「心臓バイオマーカー」だけでは、猫の心疾患のすべてを検査・診断できません。猫の心疾患は、複合的な検査がなければ、正確な診断がつきません。 このような点も踏まえ、今回、堀先生を講師におむかえし、猫の心臓病を診断するうえで有益な「心臓バイオマーカー」だけではなく、血圧測定、心エコー図検査における再現性の高い検査技術が学べる映像教材をリリースします。詳細は下記をご確認ください。

猫の心臓病診断を正確にする血圧測定、心エコー図検査、心臓バイオマーカーが学べます

血圧測定

  • 血圧の調整因子・調節機序
  • 高血圧症の診断法(オシロメトリック法)
  • 正しい血圧測定のための必要条件
  • カフの選択、カフの位置の確認
  • 白衣効果への対処
  • 臨床的な血圧測定法

心エコー図検査

  • 猫の正常所見
  • チェックポイント1「左心室壁の厚さ」
  • チェックポイント2「左心室内腔の構造」
  • チェックポイント3「左心室流出路」
  • チェックポイント4「左心房の大きさ」
  • 血栓症の予防

心臓バイオマーカー

  • 心臓バイオマーカーとは?
  • 検査メカニズム
  • 心臓バイオマーカーのメリット
  • 注意点
  • ナトリウム利尿ペプチド
  • 心筋トロポニン
  • スクリーニング検査のフローチャート

講師:堀 泰智
酪農学園大学獣医学類伴侶動物内科学ユニットII循環器科准教授。同大学附属動物医療センターでは、伴侶動物医療部門・循環器科診療科長として、循環器疾患に関する研究実績を活かし、心臓病の専門診療を行なう。

収録内訳
6セクション(合計149分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:血圧測定(55分)
はじめに/正しい血圧測定のための条件/臨床的な血圧測定法/高血圧の要因/高血圧の治療とまとめ
Sec2:心エコー図検査(44分)
正常所見について/心エコー図検査のチェックポイント/1.左心室壁の厚さ/2.左心室内腔の構造/3.左心室流出路/4.左心房の大きさ/血栓症の予防/まとめ
Sec3:心臓バイオマーカー(50分)
心臓バイオマーカーとは/ナトリウム利尿ペプチドについて/バイオマーカーによる検査症例(ナトリウム利尿ペプチド)/猫ANPを使った心筋症の診断/心筋トロポニンについて/バイオマーカーによる検査症例(心筋トロポニン)/猫cTnIを使ったHCMの診断/心臓バイオマーカーの使い分けについて
販売価格:39,980円+税