なぜ、尿路結石症の猫に療法食を与えても結石を防げないのか…?

慣習的な治療をしていませんか…?

猫に多くみられる泌尿器疾患。その罹患率はとても高く、猫の2頭に1頭がFLUTDや尿石症、膀胱炎、尿道閉塞など、なんらかの泌尿器疾患の経験があると言います。 先生も日常診療で、これらの疾患に遭遇する機会が多いのではないでしょうか。 治療が難しい疾患のひとつですが、先生はこれらの泌尿器疾患を適切にコントロールできる自信がありますか? もし先生が「尿路感染症には抗菌薬を投与しておけば良い」「尿石症には療法食を与えればOK」といった治療をされているのなら、今回学べる内容はとても重要になります。

なぜなら、これらの治療法は本来、罹患しなくてもいい病気にかかる危険性があるから。つまり、病気を治療するための行為が、逆に病気のリスクを高める結果になっている可能性が高いのです。他にも、古い治療法にはさまざまなリスクが潜んでいます。

最新の泌尿器疾患治療を3時間でマスター!

たとえば先生は猫の特発性膀胱炎(FIC)をどのように治療していますか? 先生もご存じのとおり、FICは基本的に根治が不可能な疾患です。 そのため、発症時の重症度を低下させたり、再発期間を延ばす治療が重要になります。では、FICの治療で「一番重要なポイント」は何だと思われますか? 排尿を促すために水分摂取量を増やすこと、または食事療法、薬物療法が重要と考えるかもしれません。

しかし、FICを適切にコントロールするうえで、もっと重要なポイントがあると宮川先生は言います。それは「ストレスの除去」です。なぜなら、食事や薬物療法で一時的に改善がみられたとしても、また、すぐに再発をくり返してしまうのはストレスを取り除けていないのが原因であることが多いから。このような内容は、今回の教材で先生が学べることの一部です。

他にも特定が難しい猫のストレスを見つける方法や尿石症の適切なコントロール、FLUTDと特発性膀胱炎の治療戦略など、症例を見ながら最新の泌尿器疾患治療をわかりやすく学ぶことができます。

収録内容の一部をご紹介すると…

  • 尿路結石症における療法食の役割とは?
  • 尿路結石症はどのように発症するのか?
  • 尿路結石症の原因となる「5つの要因」とは?
  • 犬猫の尿路結石症の変化と傾向
  • 「FLUTDに配慮した食事」と結石の関係とは?
  • シュウ酸カルシウム結石をどう予防するか?
  • 症例から学ぶ尿路結石症のコントロール
  • 単純性膀胱炎と難治性(再発性)膀胱炎の違い
  • 知っておくべき犬の尿路感染症(UTI)の基礎知識
  • 単純性細菌性膀胱炎の管理のポイントと注意点
  • 結石を伴う難治性(細菌性)膀胱炎の対処法
  • FLUTDの原因とその割合とは?
  • 症例から学ぶ特発性膀胱炎の評価
  • 猫の特発性膀胱炎の発症パターン
  • なぜ、膀胱炎に抗菌薬と止血剤はNGなのか?

なぜ、尿路結石症の猫に療法食を与えても結石を防げないのか…?

慣習的な治療をしていませんか…?

猫に多くみられる泌尿器疾患。その罹患率はとても高く、猫の2頭に1頭がFLUTDや尿石症、膀胱炎、尿道閉塞など、なんらかの泌尿器疾患の経験があると言います。 先生も日常診療で、これらの疾患に遭遇する機会が多いのではないでしょうか。 治療が難しい疾患のひとつですが、先生はこれらの泌尿器疾患を適切にコントロールできる自信がありますか? もし先生が「尿路感染症には抗菌薬を投与しておけば良い」「尿石症には療法食を与えればOK」といった治療をされているのなら、今回学べる内容はとても重要になります。

なぜなら、これらの治療法は本来、罹患しなくてもいい病気にかかる危険性があるから。つまり、病気を治療するための行為が、逆に病気のリスクを高める結果になっている可能性が高いのです。他にも、古い治療法にはさまざまなリスクが潜んでいます。

最新の泌尿器疾患治療を3時間でマスター!

たとえば先生は猫の特発性膀胱炎(FIC)をどのように治療していますか? 先生もご存じのとおり、FICは基本的に根治が不可能な疾患です。 そのため、発症時の重症度を低下させたり、再発期間を延ばす治療が重要になります。では、FICの治療で「一番重要なポイント」は何だと思われますか? 排尿を促すために水分摂取量を増やすこと、または食事療法、薬物療法が重要と考えるかもしれません。

しかし、FICを適切にコントロールするうえで、もっと重要なポイントがあると宮川先生は言います。それは「ストレスの除去」です。なぜなら、食事や薬物療法で一時的に改善がみられたとしても、また、すぐに再発をくり返してしまうのはストレスを取り除けていないのが原因であることが多いから。このような内容は、今回の教材で先生が学べることの一部です。

他にも特定が難しい猫のストレスを見つける方法や尿石症の適切なコントロール、FLUTDと特発性膀胱炎の治療戦略など、症例を見ながら最新の泌尿器疾患治療をわかりやすく学ぶことができます。

収録内容の一部をご紹介すると…

  • 尿路結石症における療法食の役割とは?
  • 尿路結石症はどのように発症するのか?
  • 尿路結石症の原因となる「5つの要因」とは?
  • 犬猫の尿路結石症の変化と傾向
  • 「FLUTDに配慮した食事」と結石の関係とは?
  • シュウ酸カルシウム結石をどう予防するか?
  • 症例から学ぶ尿路結石症のコントロール
  • 単純性膀胱炎と難治性(再発性)膀胱炎の違い
  • 知っておくべき犬の尿路感染症(UTI)の基礎知識
  • 単純性細菌性膀胱炎の管理のポイントと注意点
  • 結石を伴う難治性(細菌性)膀胱炎の対処法
  • FLUTDの原因とその割合とは?
  • 症例から学ぶ特発性膀胱炎の評価
  • 猫の特発性膀胱炎の発症パターン
  • なぜ、膀胱炎に抗菌薬と止血剤はNGなのか?

講師:宮川 優一
日本獣医畜産大学獣医学部獣医学科を卒業した後、2010年に日本獣医生命科学大学大学院で犬および猫の慢性腎臓病の早期診断の研究で博士(獣医学)号を取得。2011年より日本獣医生命科学大学 獣医高度医療学教室助教に着任。同時に本学付属動物医療センターで腎臓科、循環器科を担当する。現在は日本獣医生命科学大学 獣医内科学研究室第二 講師を務める。

収録内訳
6セクション(合計163分収録)
特典
レジュメデータ ・ 特典データ

Sec1:療法食(56分)
尿路結石症の療法食/ストルバイト結石/ストルバイト尿路結石症の内科療法/シュウ酸カルシウム尿路結石症の内科療法/残尿を意識する/結晶尿は治療するのか?
Sec2:尿路感染症の管理(47分)
尿路感染症の管理/尿検査/感染している最近の推定/膀胱炎
Sec3:FLUTDと特発性膀胱炎(60分)
FLUTD(猫下部尿路疾患)/FIC(特発性膀胱炎)/猫のストレス/治療法/症例紹介/まとめ
販売価格:39,980円+税