動物病院訪問件数3000軒… 獣医医療業界を知りつくした人物

ある二人の獣医師の話です…

二人はとてもよく似ていました。二人とも勉強熱心で獣医師の仕事に誇りを持ち、生きがいを感じていました。熱心な治療が評価され、地域の評判も上々。贅沢しなければ充分にやっていける所得を得ていました。しかし10年後、2人の間には大きな差が開いてしまいます。片方の病院には、以前のように新患が集まらなくなりました。最終的に院長の給料を減らさなければ経営が成り立たなくなります。

仕方ありません。その後10年で犬の飼育数が激減したのに、獣医師と動物病院が増え続けたのですから。期待していた猫の飼育数も思ったほど伸びませんでした。さらに医薬品やフード、サプリなどの物販も、ネット販売にマーケットのほとんどを奪われました。

しかし、もう片方の病院は違いました…

多くの動物病院が経営難におちいるなか、以前よりも医業収入が増えていたのです。いったい、何が違いを生んだのでしょうか? その理由は「本当にこのままではいけない!」と今この時点で気づいたかどうか。この案内をお読みの先生ならば、動物病院業界の行く末が気になっているはず。この先、犬の飼育数が減り続け、獣医師と動物病院が増え続けるのは明らかですからね。多くの先生がこの事実に注目し、将来の経営に不安を感じています。

しかし結論から申しあげると、不安を感じているだけで何もしていない先生がほとんど。これは本当に危険な状態です。経営問題は「肝臓がん」や「膵臓がん」と似ています。知らない間に病気が進行し、気づいたときには手遅れ…。経営も同じように、ちょっとした変化を見逃すと、いつのまにか取り返しのつかない状況に! そうならないための映像教材を制作いたしました。詳細は下側をご確認ください…

動物病院経営の予防薬! 10年後、先生の給料を下げずに、充実した日々を手に入れる方法

  • 動物病院業界の過去、現在、未来の動向
  • 今、多くの動物病院が、それほど深刻ではない理由
  • なぜ、この10年で犬の数が急激に減るのか?
  • すでに、生き残りが難しくなった歯科医院との比較
  • 動物看護士が集まらない本当の理由
  • 確実にわかっている、10年先の動物病院マーケット
  • 動物病院業界全体のマーケットをみても意味はない
  • スタッフの育成方法で重要なこと
  • 往診の可能性
  • 飼い主が何を求めているのか?その答えを知る人とは?
  • 患者数の減少と、動物病院の増加について
  • 雇用確保について
  • 人材育成について
  • コストバランスについて
  • 価格設定はどうするのか?
  • オーナーと動物の高齢化について
  • 売上が落ち込む11月~2月をどうすべきか?
  • 動物病院とトリミングを独立部門にすべきか?
  • 後継者問題
  • 院長一人の病院が抱えるリスク
  • この先、廃業は増えるか?

動物病院訪問件数3000軒… 獣医医療業界を知りつくした人物

ある二人の獣医師の話です…

二人はとてもよく似ていました。二人とも勉強熱心で獣医師の仕事に誇りを持ち、生きがいを感じていました。熱心な治療が評価され、地域の評判も上々。贅沢しなければ充分にやっていける所得を得ていました。しかし10年後、2人の間には大きな差が開いてしまいます。片方の病院には、以前のように新患が集まらなくなりました。最終的に院長の給料を減らさなければ経営が成り立たなくなります。

仕方ありません。その後10年で犬の飼育数が激減したのに、獣医師と動物病院が増え続けたのですから。期待していた猫の飼育数も思ったほど伸びませんでした。さらに医薬品やフード、サプリなどの物販も、ネット販売にマーケットのほとんどを奪われました。

しかし、もう片方の病院は違いました…

多くの動物病院が経営難におちいるなか、以前よりも医業収入が増えていたのです。いったい、何が違いを生んだのでしょうか? その理由は「本当にこのままではいけない!」と今この時点で気づいたかどうか。この案内をお読みの先生ならば、動物病院業界の行く末が気になっているはず。この先、犬の飼育数が減り続け、獣医師と動物病院が増え続けるのは明らかですからね。多くの先生がこの事実に注目し、将来の経営に不安を感じています。

しかし結論から申しあげると、不安を感じているだけで何もしていない先生がほとんど。これは本当に危険な状態です。経営問題は「肝臓がん」や「膵臓がん」と似ています。知らない間に病気が進行し、気づいたときには手遅れ…。経営も同じように、ちょっとした変化を見逃すと、いつのまにか取り返しのつかない状況に! そうならないための映像教材を制作いたしました。詳細は下側をご確認ください…

動物病院経営の予防薬! 10年後、先生の給料を下げずに、充実した日々を手に入れる方法

  • 動物病院業界の過去、現在、未来の動向
  • 今、多くの動物病院が、それほど深刻ではない理由
  • なぜ、この10年で犬の数が急激に減るのか?
  • すでに、生き残りが難しくなった歯科医院との比較
  • 動物看護士が集まらない本当の理由
  • 確実にわかっている、10年先の動物病院マーケット
  • 動物病院業界全体のマーケットをみても意味はない
  • スタッフの育成方法で重要なこと
  • 往診の可能性
  • 飼い主が何を求めているのか?その答えを知る人とは?
  • 患者数の減少と、動物病院の増加について
  • 雇用確保について
  • 人材育成について
  • コストバランスについて
  • 価格設定はどうするのか?
  • オーナーと動物の高齢化について
  • 売上が落ち込む11月~2月をどうすべきか?
  • 動物病院とトリミングを独立部門にすべきか?
  • 後継者問題
  • 院長一人の病院が抱えるリスク
  • この先、廃業は増えるか?

講師:幡野 泰勇
動物病院訪問件数3000軒…
獣医医療業界を知りつくした人物… 元森久保薬品代表取締役専務。動物用医薬品ディーラー歴36年。関わった動物病院数3000軒弱。薬品の販売のみならず、経営の悩み・相談にも対応。動薬の大手メーカーの顧問など、業界の大きな会社6つに今でも関わりを持っている。

収録内訳
6セクション(合計146分収録)
特典

Sec1:動物医療業界のこれまで、現在、未来(57分)
動物病院業界の過去、現在、未来の動向/ペット先進国と日本のペット業界の違い/確実にわかっている、10年先の動物病院マーケット
Sec2:10年後のための動物病院勝ち残り術(43分)
これからの動物病院経営/正しいマーケットの見極め方/スタッフの育成方法で重要なこと/往診の可能性
Sec3:【実例】経営の不安・疑問⇒解決法(46分)
患者数の減少と、動物病院の増加について/雇用確保について/人材育成について/コストバランスについて/価格設定について/オーナーとペットの高齢化について/売上が落ち込む11月~2月をどうすべきか?/動物病院とトリミングを独立部門にすべきか?/後継者問題/院長一人の病院が抱えるリスク/この先、廃業は増えるか?
販売価格:29,980円+税