先生はこんな症例が来たら、 どのような検査プランを考えますか?

下痢の症例における不要な検査を減らしたいなら?…

下痢の症状の体系的な診断アプローチは、大学で学べる内容ではありません。また、学んですぐに実践できるような専門書もありません。そこで今回、かかりつけ医の先生が明日から使える、消化器疾患の体系的な診断アプローチを学べる教材をご用意しました。

教材では、下痢の症例をどのようにして確定診断に導くのか、その体系的な診断アプローチ方法が学べます。また、以下の下痢の症例における体系的な診断アプローチも学ぶことができます。

鑑別疾患リストの作成と具体的な検査プランを立案する「実践トレーニング」

先生は、これまでの経験から無意識的に「この症例はこの疾患だろう」と決めていませんでしたか?また、あれこれと検査をするも、診断にたどり着けず、なんとなく決めてしまっていた、という経験はありませんか?

経験的に、なんとなくで診断を下すと、誤診や見落としのリスクが高くなる可能性があります。しかし、確定診断につなげる臨床推論を学べば、体系的な診断アプローチができるようになり、論理的に診断できるようになります。つまり、診断率を上げることでできるようになります。

教材収録内容を実施すると…

  • 消化器疾患の誤診や見落としを大きく減らせる
  • スピーディーに確定診断にたどり着ける
  • 時間的、経済的コストを減らせる
  • 明日から使える、日常診療に役立つ知識が学べる
  • エビデンスのある最新の治療を実践できる
  • もっと飼い主に信頼される診療ができる

先生はこんな症例が来たら、 どのような検査プランを考えますか?

下痢の症例における不要な検査を減らしたいなら?…

下痢の症状の体系的な診断アプローチは、大学で学べる内容ではありません。また、学んですぐに実践できるような専門書もありません。そこで今回、かかりつけ医の先生が明日から使える、消化器疾患の体系的な診断アプローチを学べる教材をご用意しました。

教材では、下痢の症例をどのようにして確定診断に導くのか、その体系的な診断アプローチ方法が学べます。また、以下の下痢の症例における体系的な診断アプローチも学ぶことができます。

鑑別疾患リストの作成と具体的な検査プランを立案する「実践トレーニング」

先生は、これまでの経験から無意識的に「この症例はこの疾患だろう」と決めていませんでしたか?また、あれこれと検査をするも、診断にたどり着けず、なんとなく決めてしまっていた、という経験はありませんか?

経験的に、なんとなくで診断を下すと、誤診や見落としのリスクが高くなる可能性があります。しかし、確定診断につなげる臨床推論を学べば、体系的な診断アプローチができるようになり、論理的に診断できるようになります。つまり、診断率を上げることでできるようになります。

教材収録内容を実施すると…

  • 消化器疾患の誤診や見落としを大きく減らせる
  • スピーディーに確定診断にたどり着ける
  • 時間的、経済的コストを減らせる
  • 明日から使える、日常診療に役立つ知識が学べる
  • エビデンスのある最新の治療を実践できる
  • もっと飼い主に信頼される診療ができる

講師:大森 啓太郎
獣医師歴20年。2002年、日本大学 生物資源科学部獣医学科を卒業後、2006年に東京大学 農学生命科学研究科獣医学専攻博士修了。National Jewish Medical and Research Center, University of Colorado Health Science Center, Research Fellowとして従事した後、2007年より東京農工大学。最新医療の知見を広めるため、獣医系商業誌にて100報以上の原稿を執筆している。

収録内訳
1セクション(合計56分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:体系的に学ぶ原因疾患の特定方法(56分)
販売価格:1,980円+税