心不全(犬猫)の翌日から使える内科療法がご自宅で学べます

犬の高齢化が進むからこそ…

心不全には注意したいところです。ある調査によると、犬の死因ランキングで2位に「心臓病」がありました。注意すべき点として、後天性の心臓病が増えていること。これは高齢の小型犬が増え続けている今、当然の流れかもしれません。特に「僧帽弁閉鎖不全症」が増えていることは、先生もすでにご存じでしょう。つまり、この先も獣医師を続ける以上、心疾患に詳しくなることは避けてとおれません。特に内科療法については、最新情報に注目する必要があります。なぜなら…

めまぐるしく発展を続ける「循環器薬」

心疾患の治療は、めまぐるしく進化してきました。心疾患の研究と臨床に50年を捧げてきた金本先生によると、今後も新しい循環器薬が次々に登場することが予測されるとのこと。つまり、新たな内科療法が次々に登場し、古い内科療法が淘汰されていくわけです。循環器系以外にも多岐にわたる知識と技術を学び続けなければならない先生にとって、これはかなり面倒ではないでしょうか?

しかし、ご安心ください。今回の映像教材があれば、先生は現時点における心不全の内科療法において、必要な知識がすべて手に入ります。講師は、心疾患のスペシャリストとして知られる金本勇先生。

金本先生は、世界で初めて「僧帽弁閉鎖不全症」の僧帽弁形成術を成功させるなど、心疾患の研究と臨床に50年を捧げてきた獣医師です。今回の映像教材では、日常臨床で遭遇する犬猫の心不全における特徴と、それらに効果的な循環器薬と正しい使用方法・作用・副作用について詳細を解説していただきました。さらに「Caチャンネル拮抗薬」や「バイアグラ」「ピモペンダン」など、新しい薬剤の作用や使用法なども各症例別に学べます。

心疾患の権威「金本勇」先生が公開! 犬猫の心不全における安全・確実な内科療法…

  • 心拍出量を規定する4つの因子
  • 慢性心不全における治療の3つの柱
  • うっ血性心不全の治療の基本
  • 肥大性心不全の治療の基本
  • 左心不全と右心不全との違い
  • 心不全治療薬の作用部位
  • 左心不全(慢性僧帽弁閉鎖不全症)の内科治療法
  • 慢性MRの内科療法の基本
  • 血管拡張薬の詳細
  • 新しい血管拡張薬について
  • バイアグラの使用
  • ジギタリス療法の詳細
  • 利尿薬療法の詳細
  • 心拍数を下げる新しい薬剤
  • 新しい強心薬
  • 急性僧帽弁閉鎖不全症(MR)の治療法
  • 急性MRの保存療法
  • 犬のうっ血性心不全を管理する「基本的なアプローチ法」
  • 軽度から中等度のうっ血性心不全による急性肺水腫
  • 重度の肺水腫の治療法
  • 重度の心源性ショックの治療法
  • うっ血性心不全療法における陽性筋変力薬の使用法
  • 進行性うっ血性左心不全と右心不全の治療法
  • 猫の心筋症における急性心不全治療法

心不全(犬猫)の翌日から使える内科療法がご自宅で学べます

犬の高齢化が進むからこそ…

心不全には注意したいところです。ある調査によると、犬の死因ランキングで2位に「心臓病」がありました。注意すべき点として、後天性の心臓病が増えていること。これは高齢の小型犬が増え続けている今、当然の流れかもしれません。特に「僧帽弁閉鎖不全症」が増えていることは、先生もすでにご存じでしょう。つまり、この先も獣医師を続ける以上、心疾患に詳しくなることは避けてとおれません。特に内科療法については、最新情報に注目する必要があります。なぜなら…

めまぐるしく発展を続ける「循環器薬」

心疾患の治療は、めまぐるしく進化してきました。心疾患の研究と臨床に50年を捧げてきた金本先生によると、今後も新しい循環器薬が次々に登場することが予測されるとのこと。つまり、新たな内科療法が次々に登場し、古い内科療法が淘汰されていくわけです。循環器系以外にも多岐にわたる知識と技術を学び続けなければならない先生にとって、これはかなり面倒ではないでしょうか?

しかし、ご安心ください。今回の映像教材があれば、先生は現時点における心不全の内科療法において、必要な知識がすべて手に入ります。講師は、心疾患のスペシャリストとして知られる金本勇先生。

金本先生は、世界で初めて「僧帽弁閉鎖不全症」の僧帽弁形成術を成功させるなど、心疾患の研究と臨床に50年を捧げてきた獣医師です。今回の映像教材では、日常臨床で遭遇する犬猫の心不全における特徴と、それらに効果的な循環器薬と正しい使用方法・作用・副作用について詳細を解説していただきました。さらに「Caチャンネル拮抗薬」や「バイアグラ」「ピモペンダン」など、新しい薬剤の作用や使用法なども各症例別に学べます。

心疾患の権威「金本勇」先生が公開! 犬猫の心不全における安全・確実な内科療法…

  • 心拍出量を規定する4つの因子
  • 慢性心不全における治療の3つの柱
  • うっ血性心不全の治療の基本
  • 肥大性心不全の治療の基本
  • 左心不全と右心不全との違い
  • 心不全治療薬の作用部位
  • 左心不全(慢性僧帽弁閉鎖不全症)の内科治療法
  • 慢性MRの内科療法の基本
  • 血管拡張薬の詳細
  • 新しい血管拡張薬について
  • バイアグラの使用
  • ジギタリス療法の詳細
  • 利尿薬療法の詳細
  • 心拍数を下げる新しい薬剤
  • 新しい強心薬
  • 急性僧帽弁閉鎖不全症(MR)の治療法
  • 急性MRの保存療法
  • 犬のうっ血性心不全を管理する「基本的なアプローチ法」
  • 軽度から中等度のうっ血性心不全による急性肺水腫
  • 重度の肺水腫の治療法
  • 重度の心源性ショックの治療法
  • うっ血性心不全療法における陽性筋変力薬の使用法
  • 進行性うっ血性左心不全と右心不全の治療法
  • 猫の心筋症における急性心不全治療法

講師:金本勇
「動脈管開存症」と「肺動脈狭窄症」の心臓外科を日本で初めて成功させ、「僧帽弁閉鎖不全症」の僧帽弁形成術を世界で初めて成功させた、獣医心臓外科の権威。全国の獣医師から、心臓病の相談と依頼を受け続け、多くの動物を救ってきた。

収録内訳
6セクション(合計179分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:心不全の内科的治療法「総論」(40分)
心不全の基礎知識/心不全に対する整体の代償機構/慢性心不全治療の基本/心不全の分類
Sec2:心不全の内科的治療法「各論」(72分)
左心不全(慢性僧帽弁閉鎖不全症)の内科治療法/ジギタリス療法/利尿薬療法/新しい薬剤①「心拍数を下げる薬」/新しい薬剤②「強心薬」/新しい薬剤③「肺血管拡張薬」/慢性僧帽弁閉鎖不全症の治療法/急性僧帽弁閉鎖不全症の治療法
Sec3:心不全の新しい内科的アプローチ法(67分)
基本的なアプローチ法/治療法/心源性ショックについて/うっ血性心不全の治療について/うっ血性心不全の自宅治療について/その他の治療について/患者のフォローについて/猫の心筋症について
販売価格:39,980円+税