なぜ、特別な道具がなくても 跛行診断の精度を 上げられる可能性があるのか?

※ついつい、やっていませんか?

獣医療の中でも、整形外科は特に専門性の高い分野です。実際、ある程度の経験をお持ちでも、整形外科疾患に苦手意識のある獣医師の先生は多くいらっしゃると思います。跛行の犬が来院されたときなど、ついつい「痛み止めを打って様子を見ましょう」「レントゲンを撮ったけど、異常はないから大丈夫」といった診療をされているかもしれません。でも、考えてみてください。このような診療は症状に改善が見られなかった場合には飼い主さんに余計な経済的負担を強いるばかりか、患者さんにも余計な保定などのストレスを与える可能性があります。また、先生にも余計な労力や時間、被爆のリスクがありますので、3者にとってマイナスとなる可能性があります。

※10年先も地域から愛される病院にしたいなら?

もし先生が真剣にこうお思いならば、整形外科疾患の診断精度を上げることは有用かもしれません。中高齢の動物ほど整形外科疾患を生じやすいことからも、この伴侶動物高齢化時代の中、ますます必要となることが予想されます。「でも、どうすれば診断精度を上げられるのか?」とお思いかもしれません。ご安心ください。今回お伝えする方法ならば、特別な道具を必要とすることなく、意識して実践していただくことで、跛行診断の精度の向上が期待できます。

※3ステップで跛行診断の精度を上げる方法

一戸先生が実践する跛行診断は、①鑑別疾患リストの作成 ②整形外科学的検査の実施 ③特殊検査の実施、これらの3ステップでおこなわれます。中でも重要になるのが、整形外科学的検査でおこなう「体系的に順序立てられた触診」です。多くの獣医師の先生は、体系立てられた手順の触診を学ばれた経験がないかもしれません。ですが、正確な診断をするうえで、触診は問診、視診とならんで重要な検査法であるのは言うまでもありません。歩様や姿勢の観察から疑わしい原因を考えたときも、その原因を裏付ける触診ができれば見落としを減らせる可能性があります。先生も体系的な触診を学び、跛行診断の精度向上を図ってみてはいかがでしょうか?

一戸先生による手技のデモを見ながら、「体系的な触診」をマスターできます

  • 整形外科疾患でよくある間違いとは?
  • 跛行診断の大まかな流れ
  • 治療方針を立てやすい鑑別疾患リストの作り方
  • 犬種と年齢による好発疾患
  • どうすれば、見逃しなく検査ができるのか?
  • なぜ、歩様の評価は触診の前におこなうのか?
  • 異常を疑う必要がある、3つの特徴的な歩様
  • 起立位における触診のポイントとは?
  • 膝関節、手根関節、足根関節の腫脹の有無を見つけるには?
  • 症例から学ぶ「免疫介在性関節炎
  • 横臥位における触診のポイントとは?
  • 手根関節における可動性の評価と疼痛の検出
  • 肘関節の側副靭帯を評価する「キャンベル試験」のやり方
  • 犬の肩関節不安定症候群
  • 前十字靭帯断裂における脛骨前方引き出し試験
  • 前腕部の筋肉の触診のポイント
  • 後肢を触るときのポイントと注意点
  • 骨盤が左右非対称の場合に疑われる疾患
  • 足裏を見るときの注意点

なぜ、特別な道具がなくても 跛行診断の精度を 上げられる可能性があるのか?

※ついつい、やっていませんか?

獣医療の中でも、整形外科は特に専門性の高い分野です。実際、ある程度の経験をお持ちでも、整形外科疾患に苦手意識のある獣医師の先生は多くいらっしゃると思います。跛行の犬が来院されたときなど、ついつい「痛み止めを打って様子を見ましょう」「レントゲンを撮ったけど、異常はないから大丈夫」といった診療をされているかもしれません。でも、考えてみてください。このような診療は症状に改善が見られなかった場合には飼い主さんに余計な経済的負担を強いるばかりか、患者さんにも余計な保定などのストレスを与える可能性があります。また、先生にも余計な労力や時間、被爆のリスクがありますので、3者にとってマイナスとなる可能性があります。

※10年先も地域から愛される病院にしたいなら?

もし先生が真剣にこうお思いならば、整形外科疾患の診断精度を上げることは有用かもしれません。中高齢の動物ほど整形外科疾患を生じやすいことからも、この伴侶動物高齢化時代の中、ますます必要となることが予想されます。「でも、どうすれば診断精度を上げられるのか?」とお思いかもしれません。ご安心ください。今回お伝えする方法ならば、特別な道具を必要とすることなく、意識して実践していただくことで、跛行診断の精度の向上が期待できます。

※3ステップで跛行診断の精度を上げる方法

一戸先生が実践する跛行診断は、①鑑別疾患リストの作成 ②整形外科学的検査の実施 ③特殊検査の実施、これらの3ステップでおこなわれます。中でも重要になるのが、整形外科学的検査でおこなう「体系的に順序立てられた触診」です。多くの獣医師の先生は、体系立てられた手順の触診を学ばれた経験がないかもしれません。ですが、正確な診断をするうえで、触診は問診、視診とならんで重要な検査法であるのは言うまでもありません。歩様や姿勢の観察から疑わしい原因を考えたときも、その原因を裏付ける触診ができれば見落としを減らせる可能性があります。先生も体系的な触診を学び、跛行診断の精度向上を図ってみてはいかがでしょうか?

一戸先生による手技のデモを見ながら、「体系的な触診」をマスターできます

  • 整形外科疾患でよくある間違いとは?
  • 跛行診断の大まかな流れ
  • 治療方針を立てやすい鑑別疾患リストの作り方
  • 犬種と年齢による好発疾患
  • どうすれば、見逃しなく検査ができるのか?
  • なぜ、歩様の評価は触診の前におこなうのか?
  • 異常を疑う必要がある、3つの特徴的な歩様
  • 起立位における触診のポイントとは?
  • 膝関節、手根関節、足根関節の腫脹の有無を見つけるには?
  • 症例から学ぶ「免疫介在性関節炎
  • 横臥位における触診のポイントとは?
  • 手根関節における可動性の評価と疼痛の検出
  • 肘関節の側副靭帯を評価する「キャンベル試験」のやり方
  • 犬の肩関節不安定症候群
  • 前十字靭帯断裂における脛骨前方引き出し試験
  • 前腕部の筋肉の触診のポイント
  • 後肢を触るときのポイントと注意点
  • 骨盤が左右非対称の場合に疑われる疾患
  • 足裏を見るときの注意点

講師:一戸 登夢
日本獣医生命科学大学 大学院獣医生命科学研究科 獣医学専攻博士課程修了。その後、同大学院の特別研究生として整形外科疾患の研究・教育に従事。2018年より、麻布大学附属動物病院 整形外科 特任助手に着任。

収録内訳
4セクション(合計116分収録)
特典
レジュメデータ

Sec1:跛行診断概論(82分)
Sec2:手技実演(34分)
販売価格:44,980円+税