なぜ、猫の消化器疾患に犬の知識を当てはめても診断・治療が上手くいかないのか?

※今、多くの飼い主さんが求めています

2022年の調査によると、国内における犬の飼育頭数は約705万頭。

その一方で、猫の飼育頭数は883万頭を超えました。

2017年に猫の飼育頭数がはじめて犬を上回って以来、その差はどんどん開き続け、今では猫のほうが178万頭も多く飼育されているのです。

これだけ猫が多く飼育されるようになると、当然、動物病院に来院する猫の数も多くなります。

先生も、「最近は猫の来院が多いな」と感じているのではないでしょうか?

では先生は…

※猫の診療を専門的に学んだ経験がありますか?

「Cats are Not Small Dogs(猫は小さな犬ではない)」という有名な格言があるとおり、犬と猫では、そもそもの身体のつくりが大きく異なります。

そのため、犬の知識をそのまま猫に当てはめて診察すると、疾患の見落としや誤診の原因となることも少なくありません。

近年は、猫の診療を専門的に学ぶ獣医師が増えており、きっと先生も、猫を専門的に学ぶ重要性にはすでにお気づきのはずです。

「いつか勉強しよう」と思いながらも、日々の診療の忙しさから、なかなか学べずにいらっしゃるかもしれません。

もしそうならば、今回のご案内はとても重要です。

なぜなら、「猫の消化器疾患診療」を専門的に学べる特別な教材をご用意したからです。

※アジア獣医内科学協会設立専門医の診療技術

本教材のテーマは、「猫の消化器疾患診療」です。

アジア獣医内科学協会設立専門医でもある井手先生から猫に特化した内容が学べます。

また、解剖やエコー所見など、犬と決定的に異なるポイントは、犬と猫を比較しながらその違いを解説しています。

他にも、部位別の診療アプローチや一次診療施設における的確な初期対応、よく遭遇する消化器疾患症例診療を疑似体験できる症例解説など盛りだくさんの内容です。

先生も、猫の飼育頭数が犬を大きく上回った今だからこそ、猫に特化した診療アプローチを掘り下げて学びませんか?

「猫の消化器疾患診療バイブル」と言っても大げさではない、以下の充実した内容が学べます。

  • 最初に知っておきたい猫と犬の違い
  • 臨床に役立つ、猫の消化管の解剖と生理
  • 胃~十二指腸は、猫と犬でどう違うのか?
  • 消化管の機能における猫と犬の違い
  • 消化器症状から、どこを疑うのか?
  • 猫の消化器疾患における問診のポイントとは?
  • どの検査を最初におこなえばいいのか?
  • 内視鏡検査の目的と禁忌
  • 正しい結果が得られる、粘膜生検の手順とは?
  • 食道炎、食道狭窄の基本
  • 胸部X線検査のポイントと注意点
  • バルーン拡張術のやり方
  • 食道炎と食道狭窄の治療
  • ヘリコバクター感染のポイントと注意点
  • 犬と猫における胃の腫瘍の違い
  • 猫の胃リンパ腫の基本
  • 食事反応性腸症が疑われた猫の症例
  • 犬と猫における腸の腫瘍の違い
  • 知っておきたい猫の腺癌の基本
  • 消化管型 / 胃腸管型リンパ腫のポイント
  • 腸管の筋層が肥厚している症例への対処法
  • 猫の消化器型高分化型リンパ腫の治療
  • 食欲不振で来院した雑種猫の症例
  • 慢性的な嘔吐で来院した雑種猫の症例
  • 胃壁が腫瘤状になっている雑種猫の症例

なぜ、猫の消化器疾患に犬の知識を当てはめても診断・治療が上手くいかないのか?

※今、多くの飼い主さんが求めています

2022年の調査によると、国内における犬の飼育頭数は約705万頭。

その一方で、猫の飼育頭数は883万頭を超えました。

2017年に猫の飼育頭数がはじめて犬を上回って以来、その差はどんどん開き続け、今では猫のほうが178万頭も多く飼育されているのです。

これだけ猫が多く飼育されるようになると、当然、動物病院に来院する猫の数も多くなります。

先生も、「最近は猫の来院が多いな」と感じているのではないでしょうか?

では先生は…

※猫の診療を専門的に学んだ経験がありますか?

「Cats are Not Small Dogs(猫は小さな犬ではない)」という有名な格言があるとおり、犬と猫では、そもそもの身体のつくりが大きく異なります。

そのため、犬の知識をそのまま猫に当てはめて診察すると、疾患の見落としや誤診の原因となることも少なくありません。

近年は、猫の診療を専門的に学ぶ獣医師が増えており、きっと先生も、猫を専門的に学ぶ重要性にはすでにお気づきのはずです。

「いつか勉強しよう」と思いながらも、日々の診療の忙しさから、なかなか学べずにいらっしゃるかもしれません。

もしそうならば、今回のご案内はとても重要です。

なぜなら、「猫の消化器疾患診療」を専門的に学べる特別な教材をご用意したからです。

※アジア獣医内科学協会設立専門医の診療技術

本教材のテーマは、「猫の消化器疾患診療」です。

アジア獣医内科学協会設立専門医でもある井手先生から猫に特化した内容が学べます。

また、解剖やエコー所見など、犬と決定的に異なるポイントは、犬と猫を比較しながらその違いを解説しています。

他にも、部位別の診療アプローチや一次診療施設における的確な初期対応、よく遭遇する消化器疾患症例診療を疑似体験できる症例解説など盛りだくさんの内容です。

先生も、猫の飼育頭数が犬を大きく上回った今だからこそ、猫に特化した診療アプローチを掘り下げて学びませんか?

「猫の消化器疾患診療バイブル」と言っても大げさではない、以下の充実した内容が学べます。

  • 最初に知っておきたい猫と犬の違い
  • 臨床に役立つ、猫の消化管の解剖と生理
  • 胃~十二指腸は、猫と犬でどう違うのか?
  • 消化管の機能における猫と犬の違い
  • 消化器症状から、どこを疑うのか?
  • 猫の消化器疾患における問診のポイントとは?
  • どの検査を最初におこなえばいいのか?
  • 内視鏡検査の目的と禁忌
  • 正しい結果が得られる、粘膜生検の手順とは?
  • 食道炎、食道狭窄の基本
  • 胸部X線検査のポイントと注意点
  • バルーン拡張術のやり方
  • 食道炎と食道狭窄の治療
  • ヘリコバクター感染のポイントと注意点
  • 犬と猫における胃の腫瘍の違い
  • 猫の胃リンパ腫の基本
  • 食事反応性腸症が疑われた猫の症例
  • 犬と猫における腸の腫瘍の違い
  • 知っておきたい猫の腺癌の基本
  • 消化管型 / 胃腸管型リンパ腫のポイント
  • 腸管の筋層が肥厚している症例への対処法
  • 猫の消化器型高分化型リンパ腫の治療
  • 食欲不振で来院した雑種猫の症例
  • 慢性的な嘔吐で来院した雑種猫の症例
  • 胃壁が腫瘤状になっている雑種猫の症例

講師:井手香織
2003年、東京農工大学農学部獣医学科卒業後、一般動物病院勤務。2008年、東京大学大学院農学生命科学研究科獣医学専攻を修了。2009年、東京農工大学に着任。2019年より、アジア獣医内科学協会 設立専門医。現在は、東京農工大学 獣医内科学研究室 准教授として教育、臨床、研究に従事している。

収録内訳
4セクション(合計207分収録)
特典
・ 特典データ

Sec1:猫の消化器診療、基礎編(50分)
はじめに/猫の消化管 解剖・生理/診療の流れ/超音波画像検査
Sec2:食道~胃の主な疾患(41分)
食道炎・食道狭窄/バルーン拡張術/食道炎・食道狭窄の治療/猫の自律神経失調症/ヘリコバクター感染/胃の腫瘍/胃リンパ腫/猫の消化管型-胃腸管型リンパ腫
Sec3:小腸~大腸の主な疾患(67分)
慢性腸症/腸の腫瘍/好酸球性硬化性線維過形成/消化管型/胃腸管型リンパ腫/リンパ形質細胞性腸炎,リンパ腫(高分子型),リンパ腫(低分化型)の治療法/血液検査 ~葉酸・コバラミン血中濃度~/繊維反応性大腸性下痢/便秘
Sec4:症例検討(49分)
症例① 雑種猫 - 1歳9ヶ月齢 - 未去勢雄 ~主訴「食欲不振」~/症例② 日本猫 - 8歳/避妊雌 ~主訴「嘔吐」~/症例③ 雑種猫 - 8歳/避妊雌 ~主訴「嘔吐」~/症例④ 雑種猫 - 11歳/去勢雄 ~偶発症例~/症例⑤ 雑種猫 - 14歳齢/避妊雌 ~主訴「嘔吐・削痩」~/症例⑥ 雑種猫 - 6歳/去勢雄 ~主訴「食欲不振・嘔吐」~/症例⑦ アメリカン・ショートヘア- 12歳齢/去勢雄 ~主訴「食欲不振」~/症例⑧ 消化器型リンパ腫 ~LGLタイプ~/症例⑨ 雑種猫 - 10歳 - 避妊雌 ~消化器症状で非消化器疾患のケース~/さいごに
通常価格 45,980円
特別価格 41,380円+税

※7月22日まで